ビジネスブログ|神戸、大阪、関西の経営コンサルティングなら合同会社玉置コンサルティング

合同会社 玉置コンサルティング
経営コンサルタント
2017年10月31日 [営業コンサルタント]
営業・飲食店のご支援をさせて頂いております、経営コンサルタント 代表の妻でございます ∧∧


【自分が経験したことでなければコンサルティングを、お引き受けいたしません】




信頼関係の構築!
この重要性はビジネス本を開けば必ず掲載されていますよね。
弊社のブログでも何度も触れています。それだけ重要な課題と言えるのです。



今回は、
「信頼を得るための行動」と、「信頼関係を築く行動」
このふたつに分け、主に「信頼関係を築く行動」についてお話したいと思います。



まずは【信頼を得る行動】に少し触れておきます。

第一印象は言うまでも無く重要な事柄ですよね。
服装・顔の表情・言葉遣い・態度  などでしょうか

人それぞれ感じ方の違いはありますが
明らかに言えることは

清潔感があり、言葉はハッキリと解りやすく、

第一印象が悪くては
その後の貴方の行動に対しても、悪い傾向に捉えられてしまう可能性があります。
同じ行動をしても、印象が良い人と、悪い人に対しての捉え方が違ってきます。

何故かと言うと、人は思い込みの影響を強く受けてしまうからです。
これは貴方自身にも心当たりがありますよね。




第一印象が良くても、仕事をしていくうちに印象は変化してゆくものです。
ますます良い印象を持って貰えば良いのですが
悪い方向へと変化していく場合もあります。


そこで
【信頼関係を築く行動】が必要になってきます。
この行動は、クライアントとの関係が無くならない限り永遠に重要要素となるわけです。

信頼関係を強固なものにしてゆくことが出来るか、或いは失ってしまうか、それは貴方の行動次第です。


まずは言うまでもない基本的な事項ですが

レスポンスは迅速に、報連相は欠かさずに、
遅刻は論外です、相手を待たせない気持ちで早めに行動を。
今日は何の為に出向くのか、何が必要か、しっかり頭を整理し事前の準備が必要です。

上記に挙げた事柄は、ごく基本的なことばかりですが
これがなかなか出来て居ない人が多いのです。
このような基本的な事が出来ていなくては、信頼関係の構築は難しくなります。

なぜ信頼関係を構築できないのか

問合せをしても返答が返ってこない、再三の問合せをするほうとしては気分の良いものではありません。

電話をしても出ない、折り返しの電話もしてこない
その場で対応することが出来なくても着信記録には残っているはずです
人によっては、必要ならば再度かけてくるだろう・・・
そのような対応で扱われて何も感じない人は居ないでしょう。

「電話をかける時間が無かった」たまにそのような言い訳を言う人がいます。
かける時間が無い!それは有り得ません。
トイレに行く、食事もする、移動時間もある。その合間に電話はできるでしょう。

必要だから電話をかけているのです。
出ない、折り返しも無いということは、その人との関わりを拒否していることになります。
大半の人は一方的に良好な関係を続ける努力をするよりも、
自分に対し、良好な関係を構築していく努力をしているクライアントに労力を使うほうを選ぶでしょう。

仕事は人対人で行われています。
どれだけ良い商品を扱っていても契約に繋げる事は難しくなってしまいます。



更には、信頼関係を構築するために何よりも重要な要素は
貴方らしさではないでしょうか。

自分の個性をどう活かし、どう見せるか。
これは皆さんあまり意識していないのではないでしょうか?

人から見られる印象が自分の印象
これでは良い自己アピールは出来ません。

どんな自分になりたいのか!なりたい自分になれているのか!
見て欲しい自分を見せられているか!

ここが一番重要なことではないでしょうか。

わざわざ人から嫌われる自分づくりをする人は居ませんよね。
なりたい自分というものは当然クライアントから信頼される自分でなければなりません。


ただイエスマンでいたらクライアント受けすると思ったら間違いです。

ノーと言える強さや勇気を持ってみてください。
伝え方さえ間違わなければ、ノーと言える強さや勇気は大きな信頼を得るはずです。

その為にも、多くの伝え方を身につける必要があります。
どんな状況でも、誰にでも同じパターンでしか伝えることが出来ない、
それでは人によっては誤解を与え、関係を崩す結果となってしまう場合があります。
クライアントの性格や、これまでの経緯、お互いの関係性それらを踏まえた伝える術を学ぶことが必要です。




玉置コンサルティングは、自らが体験してきた事を、個々に合ったスタイルに造りあげていきます。
また、お客様のニーズ・価値観を見極める力を持ち、それを具現化していきます。



最後まで読んでいただいて有難うございます。
ワンクリックの応援が励みになります。
宜しくお願い致します


にほんブログ村


にほんブログ村



2017年10月22日 [コンサルタント]
営業・飲食店のご支援をさせて頂いております、経営コンサルタント 代表の妻でございます ∧∧


【自分が経験したことでなければコンサルティングを、お引き受けいたしません】



私は仕事をする上で想像力は大切だと思っています。


会社員時代には「先見の明があるね」とお褒めの言葉を頂いたことがあります。
私は医療、福祉系の仕事をしていたので、安心安全には特に気を配っていました。

・Aさんはこの状態を心地良いと感じているだろうか?
・この体勢ではこういうリスクが潜んでいるな!
・Bさんの行動パターンから、このままで安全だろうか?

安全を元に、この先を想像すること!これによってその後の自分の行動は変わってきます。




どんな職業でもこの想像力は必要だと思っています。




飲食店でしたら
どの状態がお客様にとって居心地の良いお店になるのか、お客様の安心安全を元に想像してみます。

・お客様へのサービス
・店の衛生面
・社員との良好な関係
・問屋など取引先との良好なコミュニケーション

などが挙げられます。


例にしてみます。
★強い雨の日、皆さんの濡れた履き物により、通路が濡れています。小さなお子さん、又はお子さんを抱いているお客様、ご老人、ハイヒールを履かれている女性、特に滑るリスクが高そうです。

雨降り→通路が濡れる→滑りやすいと想像します。
するとこの想像は気遣いに繋がりました。
滑りやすいと思ったら次の行動はお解りですね。

まずは滑りやすい濡れた床を拭くこと。
そして「お足元にご注意ください。滑りやすくなっております」の声掛け。


想像力が豊かなら、お客様に良質で高度な気配りが出来ると言うことです。



★飲食店に重要な衛生面ではどうでしょうか。
店が混めば混むほど汚れてしまう場所は何処だと思いますか?
そしてその汚れた場所からどんなリスクが発生するのか想像してみてください。

その場所はトイレです!
汚れる事により、お客様は不快感や不便を感じるだろうと想像出来ませんか?
人によっては、「あの店は不衛生だから食事をしたくない。衛生面が不安」そのような悪印象を持たれてしまいます。
或いはノロウイルスという大きなリスクも高くなります。

汚れたトイレ→悪印象・ノロウイルス→店の評判は落ちる

どうですか?衛生面への想像は店の評判に繋がり、人の生命にも繋がっています。




次は一般企業で想像してみましょう。
どんな自分だったら社内やクライアントから信頼を得られるかを元に想像してみます。

・良好なコミュニケーション
・商品説明
・交渉

など大まかに挙げてみました。

更に具体例を挙げてみましょう。

★あるイベントに伴いクライアントとの顔合わせが数社の企業と行われました。

さて皆さん手ぶらで行きますか?商品のパンフレットなど持参していきますか?

顔合わせ・・・ただ自己紹介して終わり?いやいや企業の顔は商品です。私はそう思っています。自分だけ挨拶しても意味がない、一番の顔である商品の紹介をしてこそ顔合わせではないでしょうか!

やはり皆さんしっかりパンフレットを持参されていました。がしかし、一社だけ名刺のみしか持参してこなかった会社がありました。
想像力の無さに驚きです。
他社との大きな差はおろか、信頼さえも失ってしまいますよね。



もう一つ例題を出してみましょう。

★クライアントは商品に対し何を期待しているのか、会話の中で具体的に出た事柄だけを聞き取る人と、会話の中から他の情報も聞き取れる人の違いは、やはり想像力が優れているか乏しいかの差ではないでしょうか。

一つの情報から他の情報を読み取ることは、会社にとってのリスクや利益に繋がるのです。
会話中の表情、しぐさ、会話の変化なども情報として読み取る力は想像力に繋がります。




想像力を働かせ考える、当たり前のようですが、乏しい方も多いように見受けます。
意識づけすることが必要ですね。




難問に直面した者でなければ、その悩みや苦労を感じることはできません。
長年の経験は多くを学んできました。
確かな経験を元に、皆様にご提案させていただきます。



最後まで読んでいただいて有難うございます。
ワンクリックの応援が励みになります。
宜しくお願い致します


にほんブログ村


にほんブログ村


2017年10月10日 [コンサルタント]
営業・飲食店のご支援をさせて頂いております、経営コンサルタント 代表の妻でございます ∧∧


【自分が経験したことでなければコンサルティングを、お引き受けいたしません】



やらなくてはならない仕事を
   今度行ってきます
   明日に 来週に
   と先延ばし癖のある人がいます。

他の事は直ぐ実行するのに、この件に限って実行しない場合は、苦手,不安,嫌悪意識が働いているからですね。



では遊び以外、仕事に関して、何でもかんでも返事は
   「来週行ってきます。明日行ってきます。」
こういう返事ばかりが返ってくる人は、先延ばし癖が身に付いてしまっています。
このような人に多くの結果、大きな実績を出すことは不可能でしょう。



指示するということは、必要だということです。
   「今から行ってきます。午前中には、或いは今日中に行ってきます。」

これが大事なんです!

このガツガツとした積極性が、どんな仕事にも大切なのです。


身も気持ちも軽く、これがあれば、後は経験と勉強で力を付けていくだけです。

とにかく行動力、実行力この2つを元々持っている人は強いです。


自分の口癖は行動となり、それが実力、結果と繋がっているのです。



難問に直面した者でなければ、その悩みや苦労を感じることはできません。
長年の経験は多くを学んできました。
確かな経験を元に、皆様にご提案させていただきます。



最後まで読んでいただいて有難うございます。
ワンクリックの応援が励みになります。
宜しくお願い致します


にほんブログ村


にほんブログ村


このページの先頭に戻る