ビジネスブログ|神戸、大阪、関西の経営コンサルティングなら合同会社玉置コンサルティング

合同会社 玉置コンサルティング
経営コンサルタント
2017年01月10日 [飲食店コンサルタント]

オーナーの責任は様々です

営業・飲食店・のご支援をさせて頂いております、経営コンサルタント 代表の妻でございます。∧∧


【自分が経験したことでなければコンサルティングを、お引き受けいたしません】



先日こんな経験をしました

お正月に遠出をし初詣に行きました

神社から近場の飲食店はお正月休みの店ばかり、営業しているお店が限られています

あるお店に入ると
店員さんは大忙しで険しい表情で声をかけてきました

その顔を見た途端に迷うことなく、私達はお店から出てしまいました。



「また客が来た」
そんな表情で不機嫌な顔をされ迎えられ、そのお店にお金を使う気にはなれません。



いくら忙しくても笑顔で接客してくださる方もいれば
次から次へと来店してくるお客様に対し不機嫌な接客をする人



何が違うんでしょうかね?



私達がまず思うのは、オーナーはどんな人なんだろう!

例え一人の店員の行動であろうと、その後ろにはオーナーが居ます。
私達はそのオーナーを見てみたいと思います。



オーナー自身が不機嫌に仕事をしているのかもしれない。
或いは職場内のコミュニケーションが悪い店なのか。
社員教育が出来ていないのか。



いずれにしてもオーナーの責任なんです。

その店員を選び雇ったのは貴方です。
従業員がどんな接客をしているのか把握し教育するのが貴方の役割です。
遣り甲斐があり、働きやすい職場にする事もあなたの重要な責任です。



良い接客と売上げは繋がっています。



そして、不機嫌な接客をしていた店員さん、忙しくて大変だとは思いますが
その状況でも一生懸命やっている人からは伝わるものが違います。
心の声は伝わるものです。

嫌われるよりも、好かれたいと思うのが人間ではないでしょうか
貴方はどんな女性でありたいですか?

個人の資質も評価されてしまいますよね。



玉置コンサルティングは、自らが食品流通業界において、全てを精通してきました。
幅広い食品業界でのコネクションを持っております。そのコネクションとは長年の経験により、管理者以上、中には支店長、支社長、社長クラスのコネクションがあります。



最後まで読んでいただいて有難うございます。
ワンクリックの応援が励みになります。
宜しくお願い致します


にほんブログ村


にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る