ビジネスブログ|神戸、大阪、関西の経営コンサルティングなら合同会社玉置コンサルティング

合同会社 玉置コンサルティング
経営コンサルタント
2017年01月10日 [飲食店コンサルタント]
営業・飲食店・のご支援をさせて頂いております、経営コンサルタント 代表の妻でございます。∧∧


【自分が経験したことでなければコンサルティングを、お引き受けいたしません】



先日こんな経験をしました

お正月に遠出をし初詣に行きました

神社から近場の飲食店はお正月休みの店ばかり、営業しているお店が限られています

あるお店に入ると
店員さんは大忙しで険しい表情で声をかけてきました

その顔を見た途端に迷うことなく、私達はお店から出てしまいました。



「また客が来た」
そんな表情で不機嫌な顔をされ迎えられ、そのお店にお金を使う気にはなれません。



いくら忙しくても笑顔で接客してくださる方もいれば
次から次へと来店してくるお客様に対し不機嫌な接客をする人



何が違うんでしょうかね?



私達がまず思うのは、オーナーはどんな人なんだろう!

例え一人の店員の行動であろうと、その後ろにはオーナーが居ます。
私達はそのオーナーを見てみたいと思います。



オーナー自身が不機嫌に仕事をしているのかもしれない。
或いは職場内のコミュニケーションが悪い店なのか。
社員教育が出来ていないのか。



いずれにしてもオーナーの責任なんです。

その店員を選び雇ったのは貴方です。
従業員がどんな接客をしているのか把握し教育するのが貴方の役割です。
遣り甲斐があり、働きやすい職場にする事もあなたの重要な責任です。



良い接客と売上げは繋がっています。



そして、不機嫌な接客をしていた店員さん、忙しくて大変だとは思いますが
その状況でも一生懸命やっている人からは伝わるものが違います。
心の声は伝わるものです。

嫌われるよりも、好かれたいと思うのが人間ではないでしょうか
貴方はどんな女性でありたいですか?

個人の資質も評価されてしまいますよね。



玉置コンサルティングは、自らが食品流通業界において、全てを精通してきました。
幅広い食品業界でのコネクションを持っております。そのコネクションとは長年の経験により、管理者以上、中には支店長、支社長、社長クラスのコネクションがあります。



最後まで読んでいただいて有難うございます。
ワンクリックの応援が励みになります。
宜しくお願い致します


にほんブログ村


にほんブログ村



2016年12月20日 [飲食店コンサルタント]
営業・飲食店・のご支援をさせて頂いております、経営コンサルタント 代表の妻でございます。∧∧


【自分が経験したことでなければコンサルティングを、お引き受けいたしません】



成功者と挫折者の違いを考えてみました。


最初のご相談から何ヶ月も経過していても、同じ愚痴ばかりを言い続けているかたは自分自身を見ていません


物事を多面的に捉え、更に実行できるか
柔軟性と行動力のこの二点が、どれほど重要なものか学んだ一年でした。

柔軟性は変化をもたらし、行動は結果に繋がります。



成功者は自身を見つめ、挫折者は他者しか見ていない
貴方はどうですか?



オーナーは店の誰よりも優れた存在であるべきです。
経営者としてどう振る舞い、どう行動すべきかを意識化しなくてはいけません。

それには常に自分自身に意識を向けていなくてはならないでしょう。

従業員の指導もオーナーとしてどのような振る舞いで行うべきか、自分自身と向き合わなければなりません。



物事を多面的に捉えることにより、他人の行動は様々な形に見えてきます。

自分が変わらなければ物事は変わっていきません。

柔軟性と行動力を身につけ意識改革し成功者となっていくのです。



玉置コンサルティングは、自らが食品流通業界において、全てを精通してきました。
幅広い食品業界でのコネクションを持っております。そのコネクションとは長年の経験により、管理者以上、中には支店長、支社長、社長クラスのコネクションがあります。



最後まで読んでいただいて有難うございます。
ワンクリックの応援が励みになります。
宜しくお願い致します


にほんブログ村


にほんブログ村


2016年12月02日 [飲食店コンサルタント]
営業・飲食店・のご支援をさせて頂いております、経営コンサルタント 代表の妻でございます。∧∧


【自分が経験したことでなければコンサルティングを、お引き受けいたしません】



販促の一つにポスティングがあります。
業者へ依頼する時の注意点をお話したいと思います。


経費を踏まえた業者の選択も重要ではありますが
依頼する時の交渉次第で、かなりの違いが出てきます。

ただポスティングさえすれば良いと、安易に考えてはいないでしょうか?



ここで考えてみましょう

まずは貴方のお店はどのような客層をターゲットにしていますか?

料理のジャンルは何ですか?
ジャンルによって客層も違ってきますよね

料理の平均金額は?
金額によっても、ターゲットにしたい年齢層を絞ったほうが良い場合もありますね


最低この程度は踏まえ、ポスティングを依頼するべきではないでしょうか?




こんなケースがありました。

飲食店のオーナーさんが
業者に○○町地区へのポスティング依頼をしました

○○地区と言っても、具体的にどの辺りですか?と尋ねると
業者は、「こちらに任せてください」と言われたそうです


その後ポスティングは結局どの辺りにしたのかオーナーさんに尋ねました
業者から「ポスティングした人に任せているから解らない」と言われたそうです

オーナーさんはそれ以上は何も聞かず
次のポスティングを依頼しています。

はたしてオーナーさんはそれで納得して良いのでしょうか?
私は大きな疑問を持ちます。



ポスティングをする立場からしたら、集合住宅なら一気に配ることができます。
ですがポスティングを禁止し、しっかりと管理されている所が増えています。

逆にポスティングしやすい集合住宅のポストはチラシで溢れています。
ポストの近くには、そのチラシを乱雑に捨てられないようにと
大きなゴミ箱まで設置されている所があります

業者からしたら、そのような住宅は、それだけポスティングをしやすいと言うことです。


どうでしょうか、乱雑に入れられた沢山のチラシの一枚が貴方のお店のチラシだったら
そのチラシは、部屋に持ち込まれることなく
ポストの横に設置されたゴミ箱にそのまま捨てられてしまう可能性が大きいですよ


経費に余裕があり、数うち当たるでポスティングするのであれば良いですが
経費を抑え、わざわざ地区を指定しているのなら、
そのような集合住宅は避けたいところですよね


高齢者が多く居住している地区
大学に近く大学生が多く居住している地区
戸建の住宅地が多く、家族層が居住している地区

どの客層をターゲットにしているかで
ポスティングして欲しい地区を考えなくてはなりません。



最初に言いましたが、交渉次第で大きな差が出てきます

ポスティングする社員に丸投げして、どこに配ったのか把握できていないような業者は信用できますか?

どの地区に配るか支持し何軒配ったのか把握し
その報告をしてくる業者に任せるべきでしょう



オーナー自身が業者に丸投げして終わり、確認さえしない
本当にそれで良いんですか?



交渉術は飲食店を経営するうえで重要なものとなります
問屋さんとの交渉、その他の経費に関することでの交渉
あらゆることで必要不可欠です



玉置コンサルティングは、自らが食品流通業界において、全てを精通してきました。
幅広い食品業界でのコネクションを持っております。



最後まで読んでいただいて有難うございます。
ワンクリックの応援が励みになります。
宜しくお願い致します


にほんブログ村


にほんブログ村


このページの先頭に戻る