飲食店ー仕入れ術|神戸、大阪、関西の経営コンサルティングなら合同会社玉置コンサルティング

合同会社 玉置コンサルティング
経営コンサルタント
フードコスト削減の新たな仕組み作り
食品業界の現状 
 近年、外食産業では新規店が次々と出店していますが、その反面、撤退する店が後をたちません。その要因として考えられるのが、価格競争により中小店舗がそれらに対応できないことではないでしょうか。大型店舗ですら利益の確保が非常に厳しくなっております。
 又、フードコストにつきましても、原材料の高騰に伴い、仕入原価がここ1〜2年上がり続けているのが現状です。

 経営におきまして最も重要なのが、固定費・流動費をいかに抑えるか、その中でもフードコストをどのように下げていくかがポイントになってきます。
 ただメニュー原価率を下げればいいものではありません。そこで私は、食品業界に長年携わってきた経験を活かし、皆さんがあまり意識しなかった所に視点を置き、新たな仕組みづくりのお手伝いをさせて頂いております。

従来の仕入の仕組み〜新しい仕組みへ・・・三者商談

仕入れ術

▼

三者商談

メーカーと問屋を活用(仕入れの具体案)
・今までの仕入方法を見直し、地域でのメーカー、問屋の力関係を踏まえて、新たな仕入先も検討する。
・問屋の特徴を活かした仕入をする。(価格対応と流通体制など)
・期間限定でメーカー協賛を促し、年間の仕入れ計画を立てる。
・各メーカーの最新情報を入手し、該当仕入れ商品の価格交渉。
・問屋との年間仕入れ計画を取り決めて仕入れ価格に反映させる。
・仕入れロスが出たものについて廃棄を最小限に抑え、問屋との折衝を上手く行う。
・メーカーに協力を得て、先を見据えた仕入れを行う。
食品問屋主催の展示会の活用術
 食品展示会を有効に活用する必要性があります。
 詳しくはこちらのページをご覧ください。ご提案ー食品展示会

このページの先頭に戻る